新築分譲マンション

価格帯調査

品川駅約10km圏内※1
過去5年間(2017年~2021年)
販売された
物件平均坪単価
250万円以下
の物件は
657物件中13物件だけ

※物件平均坪単価250万円で68㎡(約20.57坪)の場合約5,142万円

●調査対象/品川駅10.5km圏において、過去5年間(2017年~2021年)に販売された新築マンション

エリア概念図

坪単価…販売価格の目安として他の住まいと比較するときなどに使われる指標 坪単価計算式:坪単価=販売価格÷専有面積×3.3058

過去5年間に販売された
新築マンションの中で
品川駅約10km圏内※1
で最寄駅へ徒歩5分圏内にある
物件平均坪単価
200万円台の物件はわずか

2020年3月の「高輪ゲートウェイ」駅の開業や、2027年に開業予定のリニア中央新幹線など今後も発展著しい品川駅。直結する沿線やその周辺はこれから注目されるエリアとなるでしょう。
また、最寄駅へ徒歩5分圏内の物件は供給数が少ないため人気が高く、市場価値が下がりにくい物件とされています。

(株)マーキュリーリアルテックイノベーターのRealnetマンションサマリ調べによると、品川駅約10km圏内で最寄駅徒歩5分圏内の販売物件は、過去5年間において物件平均坪単価400万円台以上が大半を占め、物件平均坪単価200万円台の物件はわずかです。

※1.品川駅を起点に地図上の直線距離にて計測した概則の距離です。

●過去5年間の品川駅約10km圏内※1×最寄駅徒歩5分圏内の販売物件に見る物件平均坪単価の棟数比率

●各価格帯をプライム川崎小島新田の最多販売面積帯である68㎡(約20.57坪)で換算した時の販売価格の目安

契約者アンケート

ご契約者様に“購入の決め手”
アンケート形式※1で集計した結果、
「物件価格」「駅4分」
「羽田空港へのアクセス便」
等が
上位に

※アンケート:2022年1月~3月にご契約された方を対象に実施

●ご契約者様に聞いた「本件購入の決め手」ランキング

物件価格

立地やアクセス面の利便性と部屋の広さなどの条件を踏まえての価格にご評価をいただきました。
また、上記で示す通り、品川駅約10㎞圏x最寄駅徒歩5分圏の分譲マンションマーケット上では比較的購入しやすい価格であることも理由のひとつと考えられます。

駅まで徒歩4分のフラットアプローチ 駅まで徒歩4分のフラットアプローチ

現地から最寄りの京急大師線始発駅「小島新田」駅へ徒歩4分。
出勤時間や通学時間に余裕がうまれ、ゆとりある朝を過ごせること、始発駅×駅近で市場価値にも期待できること等、生活面でも資産性の面でもご評価いただけたようです。

詳しくはこちら
南向き中心の配棟計画

プライム川崎小島新田は全戸に対して70%超の住戸が南向き。
駅近の立地でありながら、南向きのメリットを享受することができるところをご評価いただきました。

敷地配置図完成予想CG
詳しくはこちら
羽田空港へのアクセス便羽田再開発による利便性・資産性

世界への玄関口、羽田空港が生活圏というのは大きな魅力です。 2022年3月に開通した多摩川スカイブリッジを利用すれば、リゾート地への旅行や空港内のレジャースポットを気軽に楽しめる暮らしは限られた地域でしか得られません。更に、空港+商業という次の進化へ突き進む羽田空港への期待感は大きく、資産性の面でも期待されている方が多数いらっしゃいました。

詳しくはこちら
ディスポーザーを採用

ディスポーザーや食器洗い乾燥機など設備仕様への評価も同率4位に。キッチン周りの充実した設備をはじめ、ウォークインクローゼットなど、収納量が豊富な点も高評価につながりました。

詳しくはこちら

※掲載の徒歩分数は地図上の距離にて80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。 ※掲載の環境写真は2021年2月・7月に撮影したものです。一部CG処理をしております。